GENERAL TREATMENT根管治療

感染した歯の神経を取り除き、歯を保存する治療です。

根管治療について

根管治療は、歯の内部に発生した感染を取り除く治療法です。主に深い虫歯や歯の破損によって、歯の内部にある歯髄(神経と血管が含まれている部分)が感染した場合に行われます。この治療では、感染した歯髄を除去し、内部を清掃して消毒した後、根管を封鎖します。正確な根管治療は、感染の拡大を防ぎ、歯を抜かずに保存するために重要です。

根管治療が重要な理由

根管治療については先にお伝えした通り、重要な治療となっております。ここで更に深掘りして根管治療が重要な理由を解説致します。

感染の拡大防止

根管治療は、深刻な歯髄の感染を根本から取り除くことで、感染のさらなる拡大を防ぎます。感染が進行すると、歯根の先端にある周囲の骨組織にまで影響が及び、歯槽膿漏や膿瘍の形成など深刻な問題を引き起こす可能性があります。根管治療によってこれらの合併症を未然に防ぐことができ、健康な歯周組織を守ることにつながります。

歯の保存

根管治療は、虫歯や外傷などで損傷した歯髄を除去することで、歯を保存する重要な役割を果たします。歯を抜歯せずに済ませることで、咬合の安定や他の歯への影響を最小限に抑えることができ、長期的な口腔健康を維持するために不可欠です。

痛みと腫れの軽減

根管治療は、感染した歯髄から引き起こされる痛みや腫れを効果的に軽減します。これにより、患者様は食事や話すこと、日常生活を快適に行うことができるようになります。さらに、根管治療により感染源を取り除くことで、繰り返す痛みのサイクルから解放されます。

全身の健康への影響

口腔内の健康は全身の健康に深く関わっています。感染した歯髄は、心臓病や糖尿病など他の全身疾患のリスクを高めることがあります。根管治療を通じて感染をコントロールすることは、これら全身疾患の予防と管理にも役立ちます。

当院の根管治療方法

当院の根管治療では、最先端の技術と材料を使用しています。治療には以下の方法を採用しています:

EMRの使用

EMR(Electric Measuring of Root canal length)は、電気的根管長測定検査の略で、根管治療の際に使用されます。電気的抵抗を応用して根管長を測定します。

根管治療では、歯科専用の機械を用いて治療を行います。その際、ピピピという電子音が聞こえることがあります。これは、歯にあいた穴の中に挿入した針が、歯根のもっとも深い部分に達したときに発する音です。根の長さを知ることは、根管治療においてとても必要かつ重要なことです。根の長さを測る機器をEMR、電気的根管長測定器と言います。

水酸化カルシウム貼薬

水酸化カルシウム貼薬は、根管治療の際に根管内の細菌数を減らすために使用されます。

水酸化カルシウム貼薬には、次のような効果があります。

  • 根管拡大後の残存細菌の根絶
  • 根尖歯周組織の炎症の消退
  • 根管内容物の病原性の不活化
  • 物理的なバリアとして機能し、コロナルリーケージによる再感染を防ぐ

根管内バキューム

根管内バキュームは、歯の根管治療の際に根管内に貯まった水分を吸引し、効率的に根管乾燥を行う治療器具です。吸引する先の部分が細く、使い捨てタイプになっています。

根管治療の際には、バキュームに接続して使用するチューブも使用されます。唾液の侵入を防いだり、口腔内の乾燥や湿気を調整したりすることができます。

根管治療では、根管内部の汚れを取り除き、消毒を行う洗浄を行います。根管治療専門医による洗浄を行うことで、再発のリスクを大幅に下げることができます。

ペーパーポイント使用

ペーパーポイントは、根管内の浸出液や余分な薬液などを吸収し乾燥させるための吸引管です。また、止血や薬液の塗布、MTAセメントの充填なども行います。

根管は細く深いところまで専用のバキュームでも乾燥することが困難なため、根の状態が安定したのを確認し、根の中に材料を詰める前に使用します。

ペーパーポイントには、太い根、細い根用に2種類用意されています。また、ポイント全体がカラーコード化されており、水分に触れるとポイントの色が濃くなるため、根管内の乾燥状態を把握することもできます。

特に慢性根尖性歯周炎(Per)の場合は、仮根充を行った後に適宜デンタルX線を取り、根充を進めます。また、治療中の感染防止や精密な作業のためにラバーダムを使用することも可能です。

根管治療の流れ

詳細な診断

EMRを用いて患者様の口腔内状態を把握し、適切な治療計画を立てます。

根管へのアクセス

歯の感染部位にアクセスするために必要な開口作業を行います。

感染部位の除去

特殊な器具を使用し、感染した歯髄を取り除きます。

根管内の清掃

根管内バキュームとペーパーポイントを使用して、根管を徹底的に清掃し、乾燥させます。

消毒と薬剤の使用

水酸化カルシウム貼薬を用いて感染部位を治療し、再感染を防止します。

根管充填

慢性根尖性歯周炎の場合、仮根充を行い、適宜X線チェックをしながら根充を進めます。

最終修復

必要に応じて、クラウンや他の修復材で歯を補強し、機能と審美性を回復します。

健康な歯の未来を守る、根管治療

当院での根管治療は、患者様の歯を健康かつ機能的に保持するために最善を尽くすことに重点を置いています。以下は当院の根管治療の特徴としてまとめた内容です:

  • 最新技術と経験の融合:当院の根管治療は、院長の豊富な経験と専門知識に基づいて行われます。最新のデジタル技術と最先端の治療器具を使用することで、精密かつ効果的な治療を実現します。
  • 患者様中心の治療計画:EMRシステムを活用して、各患者様の状況に合わせた治療計画を立てます。患者様のニーズと健康状態を考慮しながら、最適な治療方法を選択します。
  • 痛みの最小化と快適な治療:局所麻酔の技術やラバーダムの使用により、治療中の不快感を軽減し、患者様に快適な体験を提供します。
  • 感染予防と再発防止:水酸化カルシウム貼薬や根管内バキュームを使用し、感染の徹底的な除去と再発防止に努めます。
  • 長期的な歯の健康:歯の根の健康を保つことで、自然な歯を長く維持し、全体的な口腔健康に貢献します。

私たちは、各患者様の快適さと歯の健康を最優先に考え、患者様一人ひとりに合わせた丁寧な治療を心がけています。根管治療を通じて、患者様の口腔内の健康と生活の質の向上を目指しています。

まごころ歯科

TEL 046-244-3119

〒242-0017 神奈川県大和市大和東1丁目3−8 第7しいのきビル 2F

診療時間
9:30 - 13:00
14:00 - 18:00
水曜・日曜・祝日
= 午前9:00~13:00 / 午後14:00~16:30
TOP